2018.09.06更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

お酒を飲む方元々の体質で尿酸値が高い方通風が発症しないか気になりますよね?

 

自分自身はまだ発症していませんが、なった方に話を伺うと歩けない程の痛みとか。。。そんなのキツすぎます。。。

 

なのでなにか対策をと思っていた所、BOSS湊がひと言

 

毎日一杯の低脂肪乳が尿酸値を下げる効果があるみたいよ!!

 

TVの番組で特集していたらしく医学的にも認められているとの事

 

 

なので調べてみました!!

 

 尿酸値が高くなってしまう理由として知られているのが「プリン体」。 

 

プリン体を気にされている方はアルコールを控えたり、食べものを気にしていると思います。

 

でも実は食べ物は尿酸を作り出す原因の2割程度らしいです。

 

後の8割は自分の細胞で自ら作っているとの事。

 

体質が原因の人が多いみたいです。

 

自らプリン体を作り出し、それが高尿酸を作っているのでプリン体を簡単に排出できればいいのですが、高尿酸の方はその排出機能が悪い方が多い様です。

 

では体質は変わらなくても出来ることは無いのか。。。と注目されたのが低脂肪乳です。

 

乳製品に含まれる乳タンパク質(カゼインおよびラクトアルブミン)の摂取が、尿酸値を下げる効果があると医学的にも認められています。

 

飲む量は1日コップ1杯で十分で、できれば中性脂肪の予防のためにも、低脂肪の方がより高い効果が期待できます。牛乳以外にヨーグルトなどの乳製品も「尿酸の排せつ」を促してくれます。

 


残念ながら豆乳には尿酸値を下げる効果は期待できないみたいです。

 

 

 自分自身も早速試しております。

 

 

 近いうち健康診断もあるので楽しみです。尿酸値を気にされている方ぜひコツコツ試してみて下さい。

 

 

ロゴ

PageTop