2022.09.26更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

髪が細くて痛みやすい方、ダメージが進んできていて普通のストレートがかけられない方。

 

そんな方でクセを伸ばしたい方は

 

酸性ストレート

 

がおすすめです。

 

健康な髪の毛のPHは弱酸性で、一般的な縮毛矯正だと弱酸性のphをアルカリ領域まで持っていき髪を膨潤させてかける方法でした。

 

当然、phを一気に変えるわけですから髪には負担になります。

 

しかしこの酸性ストレートは酸性領域の中でストレートが出来るわけなので、髪の負担は最低限に抑えられます。(全く痛まないというわけではありません)

 

毛質やダメージレベルなどでかけられる方は限定されてしまいますが、酸性ストレートで施術出来れば、アルカリストレートよりも断然柔らかい仕上がりになります。

 

施術の中にもアンリーシュ独自で酸性ストレートをより良いものにするためにアイロンを酸性ストレート対応のものに変えたり、薬剤や中間処理にこのブログでも度々登場している

 

AEDSケラチンのシステム

 

を組み込んだりと、より痛まない工夫も沢山入れてます。

 

気になる方は是非スタッフまでご相談ください。

 

ロゴ

 

 

2022.07.28更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

ストレートパーマはするほどでは無いけど広がる。またはパーマまでかけるほどではないけどふんわりボリュームを出したい。

 

そういう方はとても多いと思います。髪の質感調整は今まで難しく、結果が分かりづらい施術ばかりでした。

 

 

しかし以前からご紹介させていただいているAEDSケラチンをベースにすることで、毛髪内の骨格矯正をしながらの質感調整が可能になりました。

 

施術はシンプルで

 

まずAEDSケラチンに数パーセントのパーマ液を混ぜ、 AEDSケラチンを熟成させます。

 

その熟成させたケラチンを髪に塗布し、髪の結合を負担のない程度に切り、ベースを作ります。

 

ふんわりさせたい時はあみカーラーで巻き、トップにボリュームを出すことができますし、ボリュームを抑えたい場合はストレートアイロンで抑えたいところをアイロンをかけます。

 

最後にストレート等で使っている2液で固めて施術終了です。

 

髪にもパーマやストレートほど負担がなく、栄養も入れ込みながら質感調整ができるのでとても評判の良いメニューになってます。

 

気になる方はスタッフまで

 

ロゴ

2022.07.08更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

夏になり、お肌には日焼け止め等を塗ってケアしていると思いますが、髪の方もしっかりケアしていますか?

 

夏にダメージを最小限に抑えることで、乾燥してくる秋口に髪を良い状態に保つことができます。

 

今回は夏場にできる髪のケアについてご紹介したいと思います。

 

・まずは紫外線をなるべく髪に当てないように

 

夏の対策の一番は紫外線から髪を守るということでしょう!

 

夏の日光に当たるとお肌があれだけ焼ける訳ですから、髪にも影響が絶対に出ます。

 

なるべく外に出るときは帽子等で紫外線をなるべく当てないようにしましょう。

 

・夏だからといって髪を濡れたままにしないようにしましょう。

 

ドライヤーで乾かすだけでも汗が出てくるこの時期ですが、濡れたままで放置、または寝てしまったりすると頭皮内に雑菌がわきやすくなり、濡れている毛は内部の結合が外れている状態なのでとても傷みやすい状態です。

なるべくしっかり乾かすのはして欲しいですが、どうしてもという人は水分が完全に飛ぶ程度までは乾かすようにしてください。

 

・ 保湿ケアをしっかりしましょう

 

これもお肌と関連付けてしまいますが、お肌が焼けたら保湿ケアはするのに髪にはしない人が多いと思います。

 

乾かす前にオイルをしっかりつけたり、トリートメント等はしっかり時間をおきましょう。

 

何をつけたらいいかわからない方は、ケア商品のご紹介は色々できますし、サロンにご来店いただいたときには前のブログでご紹介させていただいた疎水トリートメント等のケアも何種類かご用意がありますのでぜひご相談ください。

 

 

夏のケアをしっかりすることで、抜け毛が増える秋口や、乾燥してくる時期に良い状態で迎えることができますのでぜひ夏のケアをしっかりしていきましょう。

 

ロゴ

2022.06.19更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

アンリーシュ にご来店された方はご存知かと思いますが、アンリーシュ のシャンプーは他のサロンに比べると時間がとても長いです。

 

長いのには理由がありますし、ちゃんとした効能があると自負しておりますが、今回はそこをご紹介したいと思います。

 

プレシャンプー(お湯でのお流し)が長い訳

 

日常でのシャンプーでもそうなのですが、頭皮を1〜2分しっかりお湯で頭皮を擦ってあげると汚れの70%ぐらいは落ちると言われています。残りをシャンプーで優しく洗い上げると良いシャンプーができたということになります。

 

なのでアンリーシュ ではプレシャンプーに時間をかける訳です。そこで頭皮の硬さや髪の状態などを診断して、シャンプーの力加減やマッサージの強さなどを大々決めていきます。

 

シャンプーが長い訳

 

アンリーシュ では何種類ものシャンプーを営業で使っています。施術の内容や髪の状態に合わせてカスタマイズしています。

そしてシャンプーは頭皮マッサージをベースに頭皮を洗う手技で洗っていきますので、力を入れられてる感じがするとは思いますが髪を擦ることはしませんので安心してください。

 

ホットバス(熱めのタオルで頭を包む)と頭皮マッサージが長い訳

 

シャンプーが終わると精油を垂らした熱めのタオルで頭を包みます。その際の精油も何種類かあり、効能に合わせて垂らします。

熱めのタオルタオルで包むと一気に無の状態になり、ここで眠ってしまう方が多いです。

 

そのあとタオルに熱めのお湯を垂らしていきマッサージに入ります。

 

ここでのマッサージもアーユルベーダやヘッドスパの技法を取り入れた本格的なマッサージをしていきます。

 

スタッフ全員が、ツボやコリに対するアプローチを勉強しておりますので安心して身体を委ねてください。

 

これだけの事をしていきますので、多少のお時間をいただくのはご理解いただきたいです。

 

まだシャンプーやスパを受けたことがない未来店の方にもたくさん経験していただきたいです。

 

ろ五

2022.06.10更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です

 

アンリーシュに来店された事がある方はご存知だと思いますが、セット面の所に小さいボックス状の機械が置いてあるのを目にした事がある方は多いと思います。

 

目にはしてたけど触って動かした方は少ないのではないでしょうか。

 

その正体は除菌された風を送る冷風扇です!!

 

アンリーシュの施術の中でヘナやクリープパーマなど加温する施術も多いです。冬場は大丈夫だと思いますが、暑くなってくるととても待ち時間が辛くなって来ます。

 

そんな時に冷風扇をつけていただけると少しは暑さが緩和されます。

 

コロナ対策をしながら営業してますので、入口の扉を全開にしていることも多く、室温の調整も難しいのでそんな時にも活用してほしいと思います。

 

 

ろゴ

 

 

 

2022.05.30更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

前回のブログでパーマ、ストレートパーマの施術後に気をつけるべきことをお伝えさせて頂きましたが、今回はカラーの施術後に気をつけるべきことをご紹介させて頂きます。

 

・シャンプーの洗浄力を抑える

 

カラーでもパーマでも同じことが言えるのですが、ケミカル施術をされている方は、日常使いしているシャンプーの洗浄力が優しいものを 使いましょう。

 

それだけでカラーやパーマの持ちが全然違います。

 

まずはそこを見直しましょう。わからない方はスタッフまでご相談ください。

 

 

・ 熱いお湯で流しすぎない

 

カラーやヘナの施術後は定着するまで少し時間がかかります。当日のシャンプーは避けて次の日シャンプーする際はあまり熱いお湯で流しすぎないようにしましょう。

 

熱くしすぎてしまうとキューティクルが開き、定着する前のカラーの色が流出してしまいます。

 

見直して見てください。

 

カラーの色持ちが悪いと、毎回カラー施術の度に毛先まで色をのせなくてはいけなくなるのでそれを繰り返すと髪のダメージにつながってしまいます。

 

理想は伸びた分のリタッチを何回かしてから全体に色をチェンジすると髪にはいいと思います。

 

アンリーシュ に来ているお客様はそこを変えて劇的に色持ちが変わった方が何人もいます。

 

気になる方はスタッフまでご相談ください

 

ロゴ

 

 

 

 

 

 

 

2022.05.09更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です

 

皆さん、美容室でカラーやパーマをした時、自宅に帰った後気をつけている事はありますか?

 

施術後に少し気を使うだけでパーマの持ちが良くなったり、カラーの色持ちが良くなったり、それが痛みの軽減にもつながったりします。

 

今回はパーマ、ストレートパーマの施術後に気をつけるべきことをご紹介させて頂きます。

 

 

・ 施術後最低でも1日はシャンプーを控えましょう

 

パーマ、ストレートパーマ施術は、弱酸性の髪を一度アルカリ性に傾けて施術をすることがほとんどです。

PHを変えるわけですから髪にとっては負担になり、施術後は不安定な状態にあります。

 

パーマ、ストレートパーマが定着するまで少し時間がかかりますので、まだ定着が完全でない当日や1日後にシャンプーをしてしまうとパーマがダレてしまったり、ストレートが戻ってしまう可能性があります。

 

なので最低でも1日はシャンプーを控えましょう。

 

これからは夏に向けて汗を書く時期ではありますので、もし気になる方はお湯で流してトリートメントは大丈夫です。

 

・ なるべく施術後1週間ぐらいは過度にブラッシングしたり、結んだり、ピンで止めたりするのは控えましょう

 

パーマやストレートパーマは定着まで時間がかかるとお伝えしましたが、まだ髪の毛が不安定な時にブラッシングしたり、結んだり、ピンで止めたりしてしますと跡がつきやすくなってしまいますので注意が必要です。

 

せっかく施術したパーマやストレートパーマを、痛ませないようにキープするために気をつけていただくと良いと思います。

 

わからないことがあればスタッフまで。

 

ロゴ

 

 

 

 

2022.05.05更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

アンリーシュでヘナをしていて、家でも次に来店するまでの間でする方、またはアンリーシュで施術したことがなくてもご自宅でヘナを染めている方。

 

自分のしているヘナの特徴をわかってヘナを塗布していますか?

 

特徴を知って染め方を正しく行うだけで、染まりが良くなったり、髪や頭皮に負担が少なくなります。

 

ナチュラルヘナをされている方

 

白髪がオレンジに染まるナチュラルヘナをされている方は、

 

ナチュラルヘナは特性上油を吸収する性質

 

があります。なので塗る前にごま油やホホバオイルなどのオーガニックピュアオイルを頭皮、髪にたっぷり塗ってから塗布しましょう。そうする事で塗布後の乾燥から頭皮と髪を守ってくれます。

 

 

オーガニックヘナをされている方

 

ナチュラルなヘナにインディゴを混ぜてブラウンやダークブラウンに染め上げるオーガニックヘナをされている方はナチュラルヘナと違い

 

インディゴが油を嫌う性質がある

 

ため、頭皮や髪に脂が付いているとヘナがうまく染まりません。なので、染める前はシャンプーをしてしっかり脂を落としましょう。ヘナの乾燥からはヘナとインディゴの他に保湿系のハーブがしっかり入っているので安心です。

 

ジアミン入りのヘナをされている方

 

ナチュラルのヘナに、化学染料のジアミンを少し混ぜてブラウンやダークブラウンに染め上げるジアミンヘナをされている方は、とにかく時間を気にしてください。

 

大体30分〜40分でしっかり染め上がります。ずっと頭皮につけた状態で放置するのは痛みの原因になります。

 

簡単にしっかり染まる分、注意が必要です。

 

3種類のヘナは、共に頭皮の毛穴から経皮吸収するために

 

時間をしっかり守らないとヘナの植物アレルギーになる可能性があります

 

ので注意が必要です。

 

ヘナはナチュラルで髪と頭皮に優しいものですが、性質的には人間にとっては異物で強いものなので、正しい知識を持ってヘナと付き合って行きましょう。

 

ろ号

 

 

2022.04.30更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

自分の髪の毛をセットしていて

 

・ いつも同じところで分かれてしまう

 

・ トップにボリュームが出ない

 

・ 左右で収まり方が違う 

 

 

 という事はありませんか?

 

これらの悩みは自分のはえ癖を理解して、直すだけで大体解決できるのです!

 

まず自分の顔周りを鏡で見てください。

 

分け目や他の顔周りでも極端に横に向いて生えていませんか?

 

それがご自身のはえ癖、または分かれ癖です。

 

いつも同じ所で分かれてしまう、トップにボリュームが出ないという方はその癖を直せていない方がほとんどです。

 

そういう方は

 

まず髪を乾かす時にその分け目を潰すように左右から乾かして見てください!

 

分け目が真ん中なら、ハチの部分から真ん中に向かって左右乾かして見てください。

 

しっかり乾かすとトップの分け目がハッキリと出ずにいつもよりボリュームが出ているはずです!

 

そうなったらはえ癖、分かれ癖が直せたという事です。

 

 

左右の髪が片方内巻きになりやすいのに、もう片方は前に向かってはねてしまうという方いませんか?

 

それはつむじの巻く方向が関係しているのです!!

 

大体の方はトップにつむじがあり、左回りや右回りになっているはずです。その流れをたどっていくと、耳の上の髪が左右どちらか後ろに向いて生えていませんか?

 

そちらの髪の毛がはねてしまう方だと思います。

 

そちら側の耳の上の髪を、濡れている状態から生えている方向とは逆の顔の方に乾かして見てください。

 

乾かしきってみると内側に入りやすくなっているはずです。直ってなかったらまだ生え癖が矯正できてないという事なので少し引っ張り気味にテンションをかけて乾かす事も大事です。

 

このはえ癖は自分の本来待っている癖なので、ショートの時もロングの時も変わらないです。

 

自分のはえ癖の直し方を知っておくだけでスタイリングが楽になり、楽しくなってきます。

 

今回の例は一例です。わからない方はスタッフがアドバイスさせて頂きますのでお問い合わせください。

 

 

 

ろご 

 

 

2022.04.22更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

お客様の中でも意外と知られていないのが

 

お店で売っているほとんどの店販商品のほとんどが、HPの一番下にあるショッピングの所から買えるんです!!

 

アンリーシュでお買い上げいただいた商品が、サロンに来るタイミングで無くなる事ってあまりないですよね?

 

だけど、厳選してオススメしている商品をずっと長く使って頂きたい!!という思いからネットでも買えるようになっております。

 

毎日のご自宅でのケアが一番大事です!!良い物を長いスパンで使っていただいて、より良い髪、お肌を目指していきましょう。

 

もちろん、初めての方もお電話でお話し聞いて選ぶ事もできますのでお気軽にスタッフまで。

 

 

 

ロゴ

 

前へ
PageTop