2018.10.20更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

前回は顔の骨格別似合う髪型ということで

 

卵型、丸型、面長型の解説をさせていただきました。

 

今回は逆三角形型とベース、四角型の解説をさせていただきます。

 

逆三角形型

 

逆三角形型の顔はシャープなあごが特徴のため、クールな印象です。
更に頭のハチが張っている方が多いので、顔の頬骨から上の横幅が広く見えてしまうことがあります。

 

そういう方はまずトップに高さを出し、ハチをおさえるようにし、
 ミディアムからロングの方は頬骨から下のあたりからカットの仕方やパーマなどでボリュームをだしてひし形シルエットに近づけるようにします。

ショートの方はもみあげ辺りの毛を長めに残すことで骨格をカバーできます。

 

前髪のある方は前髪の横幅を少し広めにとり柔らかさをだしても良いとおもいます。

 

 横幅を強調するまっすぐな前髪や、厚めの前髪はハチを目立たせてしまうので避けた方がよいと思います。

 

ベース、四角形型 

 

四角形型は、ハリ気味のエラと広めの額が特徴的です。生え際やフェイスラインなど直線的なラインが多い顔型です。

 

どちらかというと男っぽいというか、力強い印象になりがちです。

 

そういう方はトップに高さを出して縦長のラインを作り、ウエイトの位置を少し上にもっていき、少しでも顔まわりに動きをつくって柔らかくみせます。

 

 前髪のある方は横幅を広くしてしまうと四角を強調してしまうので狭くとる方が良いです。

レイヤーの位置を調整して、なるべく柔らかくふんわりと丸みをもたせるような髪型が良いと思います。

 

 

このように顔の骨格を補正することでご自身のコンプレックスをカバーして髪型を作る事が可能です。

 

unleashのカットは骨格補正をメインとしたカットと顔の形に合わせて彫刻の様に削っていくドライカットがメインになります。

 

スタイルチェンジ等ご希望の方はぜひご相談ください。

 

 ロゴ 

 

PageTop