2019.08.03更新

 

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

美容師を長年やってきて、食生活が不規則な事や短時間で食事することに完全に慣れてしまい、運動や身体を動かすことをしているにも関わらず、ここ数年身体が重く、代謝が徐々に下がってきているのを感じていました。

 

何か変えたいと思い、一度身体の中を休ませようと試みたのが

 

ファスティング

 

ファスティングとは一定期間食事を摂らない

 

断食

 

を意味していますが、宗教的な一切飲食をしない断食ではなく健康的な方法でやりたかったので色々調べた結果、野菜エキスなどが凝縮した酵素ドリンクのファスティングと坂田式オプティマムファスティングというホエイプロテインと、豆乳と甘酒のミックスプロテインを使った方法をミックスさせて筋肉はなるべく落とさず出来るように自分なりに考えて始めることに。

 

ファスティングに関しては賛否両論ありますが、正しいやり方でやることで得られる効果としては

 

 

胃腸の調子を整えてくれる、代謝が上がる

 

現代人は食べ過ぎと言われ、胃や腸は休む暇もなく動いています。ファスティングを行うと、胃腸が休まりリセットされ、活性化されます。便秘の方にも効果的です。そして胃腸が休まることで、今まで消化に使われていたエネルギーが修復するために使われるので代謝が上がり、痩せやすい身体に導きます。

 

 

体内環境が整えられお肌などの調子も良くなる

 

内臓が疲れていると人間は調子が悪くなったり、病気になったりしやすいです。ファスティングをすると、内臓が休まるので毒素の排出機能が回復し、体内環境が整えられると同時に老廃物や毒素が排出されるので、お肌の調子も良くなります。

 

 

ファスティング中は味覚、視覚、聴覚などが研ぎ澄まされるとも言われます。

 

ファスティングの流れとして

 

 

準備期間

(ファスティングを始める前に消化の良いものや高カロリーな物を控え、1日1食から2食で留め、ファスティングに向けて身体を慣らす様にする

 

ファスティング

 

 

回復期間

(ファスティング後のこの期間が1番大事と言われ、ここで胃腸の機能を徐々に回復させながら固形物を摂る様にしていかないとリバウンドや内臓を痛めつけることになり逆効果なのでおかゆや味噌汁などで2、3日慣らしながら元の状態に戻していくことが必要です。

 

 

このブログを書いている今現在は準備期間を3日過ごし、ファスティング1日目を終えた所です。

 

 

準備期間をしっかりおいたのが良かったのか、この時点で−2キロと身体の中は軽く、酵素ドリンクや特製プロテインのおかげであまり空腹感は感じていません。

 

また回復期間を終えたぐらいにブログをアップしようと思います。

 

 

ロゴ

 

 

PageTop