2018.07.15更新

目黒駅徒歩1分のオーガニックサロンunleash(アンリーシュ)stylist、spalistの片桐です。

 

 

普段みなさんが日常でされているヘアケアって何気なくしていることって多くないですか?なんとなく毎日お風呂にはいってシャンプーして、トリートメントをつけてって感じで特に気にせず流れでやってることって多いと思います。

 

しかし毎日のことだからこそ、その日の状態によってケアの仕方を変えたほうが良いのです。

 

 

 

unleashにご来店されているお客様は、僕達がオススメさせていただいたシャンプーをお使いいただいている方が多いですが、最近シャンプーを一切使わずお湯だけで頭皮を洗うノープーの方も増えています。

 

色々なケアの仕方がネットなどで紹介される中で、正しいケアの仕方ってなんだろうということで

 

シャンプーは毎日するもの?ということに焦点をあてて、ノープー派の良い点、シャンプー派の良い点などを柔軟に解説していきたいと思います。

 

まず僕が思うのは

 

万人に合うヘアケアはない!!

 

ということです。一人一人頭皮の皮脂量、生活習慣による頭皮や毛髪の汚れ方は違います。

 

なのでノープーが良いとネットニュース等で広まったとしても万人に合うわけではないし、このシャンプーが良いと騒がれていても万人にあうわけではないということを大前提にして考えてもらえると良いと思います。

 

ノープー派

 

まずノープー派の一番の主張としては、シャンプーをすることで、頭皮に住み着いている常在菌のバランスが崩れるということ。シャンプーを頻繁にすることで僕らの体にとって良い菌も奪ってしまっているということです。奪うことで悪玉菌が増え、匂いの原因を作ってしまうのです。

 

なので皮脂と常在菌を守るために、お湯だけで頭皮をしっかり洗うということです。ノープーにして最初のうちこそは多少匂いやベタベタ感があるものの、やがてナチュラルな艶が出てきて、匂いも気にならなくなる。そして髪も痛まず、抜け毛も減ると言われています。

 

確かに僕の考えも、お湯でしっかり洗うことで80%の汚れは落ちると科学的にも証明されていますから、それだけでも大丈夫だと思います。

 

ただサロンワークでノープーの方のいろいろな方の頭皮を見て、皮脂の量が元々とても多い方、スタイリング剤等をつける方はしっかり湯シャンしている方でも頭皮環境はあまり良くない方が多いです。

 

そういう方には週1回、もしくは2週間に1回、ナチュラル派を貫きたい方は重曹やピュアオイルでのクレンジング、シャンプーを使っても良い方はお勧めするシャンプーでクレンジングをしていただいてます。

 

シャンプー派 

 

 対してシャンプー派の主張としましてはシャンプーでのクレンジングをしないと毛穴に皮脂が詰まり、過酸化皮質に変わりそれが抜け毛や細毛の原因になるということ。

 

こちらも理にかなってると思います。

 

もちろん洗浄力が強すぎるシャンプーは問題外ですが、定期的にシャンプーして余分なスタイリング剤や過酸化皮質は取り除く事は良い事だと思います。

 

ただここで気をつけてほしいのはやはり油や常在菌をとりすぎないようにしてほしいということ。

 

油をとりすぎると脳が油が足りないからださないとと命令をしてより多くの油をだそうとします!!それが皮脂過多の原因に。。。

 

そしてその油が過酸化皮質に変わるという負のサイクルがはじまってしまいます。

 

なんでもやりすぎには注意です。

 

頭皮の毛穴は顔の穴より大きいので、そもそも皮脂は詰まりにくくなっています。なので頭皮に過酸化皮質が詰まっている方はよっぽど油が出過ぎてしまっている状態なのです。

 

このようにケア方法はそれぞれ良い所、悪い所色々あります。その方の皮脂量や生活習慣、使っているスタイリング剤等で変わってきます。

 

 

僕からみた理想な頭皮の洗い方は、元々油分が少ない女性や男性でも自分で乾燥気味だと感じる方は、あまり汚れてない時は、お湯でしっかり頭皮の汚れを落として終わりにして、何日かに一回洗浄力の弱いシャンプーやナチュラル派の方は重曹とお酢等の方法で汚れを落とすのが良いと思います。

 

その日の頭皮や髪と向き合ってチェックしてからケアしてみて下さい。

 

わからない方はスタッフまでお気軽にご相談ください。

 

 

ロゴ

 

PageTop